男性必見!女性に人気の職業ランキング

女性はなんだかんだ言っても、実利を取る人が多いような気がします。
若い頃はイケメンだったり、スポーツができる人がモテますが
大人になると、女性が男性に求めるのはやはり経済力!

 

今回は、「結婚したい男性の職業ランキング BEST10」を紹介します。

kekkon

 

1位 公務員

先行きが見えない今の時代、やはり公務員の男性は女性に大人気です。
公務員と言っても役所の職員から、警察官、税務官、教師など色々あるので
全ての公務員が「土日休み、給料が安定」というわけではありません。

 

公務員を旦那にしたいと思っている女性が注意しないといけないことが1つあります。
それは、公務員は転職が非常に難しい業種であるということ。

 

基本的に公務員→公務員の転職をするには、もう一度公務員試験を受けないといけません。
年齢制限があるので、公務員間の転職は30歳までと考えた方がいいでしょう。

 

公務員→一般企業の場合、企業の人事が公務員を敬遠する可能性があります。
毛色の違う元公務員を雇うくらいであれば、元サラリーマンを雇った方がいいというのが人事の本音のようです。

 

確かに、公務員はリストラがほぼないので安定ですが
何かの理由で失業すると、危うい状況になるというのは知っておいた方がいいかもしれません。

 

2位 医師

日本人医師の平均年収は1000万円を超えていますが
同時に激務であることでも知られています。

 

医師の妻となると、しっかりと家庭を守っていかないといけないという
プレッシャーはあるかもしれません。

 

また、当直、呼び出しなどで夫婦の時間はあまり取れないかもしれないので
収入を取るか、二人の時間を取るかの選択が必要です。

 

でもやっぱり
「夫は医師なんですー」
って言ってみたいですよね。

 

3位 商社系のサラリーマン

大手商社のサラリーマンであれば、20代で年収が1000万円を超えることもあります。
会社や部署によりますが、月に30時間程の残業で済むこともあり
収入の多さと時間のゆとりを両立した職業かもしれません。

 

一昔前の商社では、
先輩の靴にお酒を入れて、部下が一気飲み!なんて体育会系の風習がありましたが
最近はそんなことも減ってきているようです。

 

4位 弁護士

司法試験に合格しても弁護士としての働き口がないなんて
話も聞きますが、弁護士も高ステータスの象徴です。
平均年収も1000万円を超えています。

 

今後、司法制度改革により弁護士の数が急激に増えることが予想されるため
食っていけない弁護士も出るかもしれない、という噂もあります。

 

最近では、マーケティングを学んで企業の顧問をする弁護士もいるので
そういった特殊な弁護士であれば、先行きは明るそうです。

 

5位 パイロット

男性がパイロットに憧れるのはわかりますが、パイロットは
女性にも人気の職業です。

 

もちろん、年収も高めですが、家をあける期間が長いので難点です。
パイロットと浮気するスチュワーデスも多いそうなので
パイロットの妻になると、気苦労は絶えないかもしれません。

 

6位以下はこのような感じです。

 

6位 教師、教員
これも公務員ですが、最近はモンスターペアレントや学校問題が増加しているので
退職する教師も多いようです。

 

7位 IT系
IT系の職業は大きい会社であればかなり高収入です。
中国やインドのIT技術が猛烈に伸びているので、仕事が海外に取られないかがちょっと心配です。

 

8位 建設、土木関係
ギャルや元ヤンの女性にモテそうな職業です。
男らしくてムキムキの男性は格好良いですね。

 

9位 自営業/実業家
実力次第では、桁違いの収入も望めます。
ただ、ずっと商売がうまくいく可能性は低いので、破綻したときの
覚悟は常に必要ですね。

 

10位 広告代理店のサラリーマン

エリートサラリーマンという感じです。
芸能人でも、広告代理店の男性と結婚する人は多いですね。

 

この順位を見た感想はいかがだったでしょうか。
「男を職業で見る女なんて、願い下げだ!」
と思った男性も多いのでは・・。

 

女性が男性に求めるのは、経済力だけではないでしょうが
やはり経済力が重要な判断基準になっているようです。


<Sponsored Link>



<Sponsored Link>


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ