南原清隆が嫁と離婚?子供は何人?内村光良と不仲で解散危機もあった

南原清隆さんは最近でも「ヒルナンデス」を中心に活躍されていますが

全盛期に比べると出演が減った気がします。

nan

 

今回は、南原清隆さんの

・嫁と離婚危機?

・子供は何人?

・内村光良と不仲だった?

などについて調べました。

 

南原清隆のプロフィール

本名 南原清隆

年齢 49歳

出身 香川県高松市

身長 174センチ

体重 64キロ

同期 出川哲朗、中山秀征

 

南原清隆さんは横浜放送映画学院(今の日本映画大学)で内村光良さんと出会い

漫才の授業がきっかけでコンビを組みました。

 

「お笑いスター誕生!!」という番組でブレイクし、1990年代は

とんねるず、ダウンタウンと並んで“お笑い第三世代”と呼ばれ活躍しました。

 

南原清隆さんはお笑い芸人の割に滑舌が悪いので

「ウリナリ」では「カミカミマン」というキャラクターを演じてネタにしていました。

 

番組内で様々な企画に挑戦し、歌手ユニット「ブラックビスケッツ」

を結成したり、「はっぱ隊」でCDを発売していました。

burabi

 

「ウリナリ」の企画で挑戦した社交ダンスでは、杉本彩さんとペアを組み

日本アマチュアダンス協会1級を取得する程の実力になりました。

その他にも、4級船舶免許ライセンスや柔道、弓道の初段を取得しています。

 

バラエティ番組の出演以外にも、スポーツキャスターや記者としても活動していて

アテネ五輪では特別記者も担当しました。

 

最近では落語や狂言にも活動の幅を広げていますし、様々な分野に挑戦して

結果を残せるナンチャンです。

 

南原清隆が嫁と離婚危機?

 

南原さんは1993年、28歳の頃に一般女性と結婚されています。

ソウルバンド、ジャドーズの「I LOVE YOU~あなたは宝物~」は

南原さんのウエディングソングとして作られたものです。

jyado

 

ちなみに、南原さんの結婚式の数日前に、内村光良さんは

番組収録中の事故にあい、出席できませんでした。

 

南原清隆さんの嫁については一般人であること意外明らかにされておらず

画像も出回っていません。

 

結婚して12年後の2005年に長男を授かっています。

「世の中に優しく、人に優しい人間に育ってほしい」

という思いから”優世(ゆうせい)”くんと名付けられました。

 

結婚して20年以上経ち、子宝にも恵まれた南原さんと嫁さんですが

離婚危機があったという噂を聞きました。

 

その原因となったのは「ウリナリ」で共演したビビアンスーさん。

bibia

 

番組内で結成した「ブラックビスケッツ」は南原清隆、天野ひろゆき、

ビビアン・スーの3人ユニットで、セカンドシングル「Timing」は

200万枚を超える大ヒットになりました。

 

内村さん率いる「ホワイトビスケッツ」と様々な企画で競わされ

苦楽を共にした南原さんとビビアンさんですから

二人に恋心が芽生えるのはムリもないかもしれません。

 

実は、南原清隆さんとビビアン・スーさんは当時

不倫関係にあった

と噂されています。

 

ブラックビスケッツは1999年に活動を停止して、ビビアンさんは

台湾に持病の治療のために帰国しました。

 

ビビアン・スーさんは、かたことの日本語しか話せない天然キャラ

という設定でしたが、それは日本でのタレント活動のために作った設定だったそうです。

 

実際のビビアン・スーさんはかなり頭がよく、日本語もうまくて

野心家で、恋多き女だったんだとか。

LUNA SEAのSUGIZOさんや、台湾の人気俳優との熱愛疑惑も出ていました。

 

日本では清純派のイメージでしたが、台湾では10代の頃に

過激な写真集も出していたそうです。

 

日本の芸能界でのし上がるために、南原さんを利用したのか

純粋にブラビの活動をしているうちに好きになったのかは

わかりませんが、南原清隆さんが2000年頃から出演が減ったのも

この不倫が原因ではないかと言われています。

 

ビビアン・スーさんは2014年に台湾の資産家の男性と結婚しました。

過激な男性遍歴を経て、いき着いたのがアジアのセレブだったのでしょうか。

ちなみに、現在のビビアン・スーさんの画像がこちら

bibi

 

ブラビ時代と全然変わってないですね!

 

南原清隆さんも、結婚して7年程でこの不倫疑惑が出たので

嫁さんと離婚騒動になったのではないでしょうか。

 

芸人の妻は離婚くらい許さないといけない、と言われますが

やっぱり浮気は許せないものですよね。

 

南原清隆と内村光良は不仲だった?

 

ウッチャンナンチャンは仲がいいコンビというイメージでしたが

不仲だった時期もあるそうです。

 

内村光良さんが雑誌の取材で語った話によると

一番仲が悪かったのは、コンビを組んだばかりの20代前半だったそうです。

 

若い頃は収入もなく、二人で営業に行って、同じ部屋に泊まって

四六時中一緒にいるわけですから、次第にイライラしてきたんだとか。

 

一緒にご飯を食べるのも嫌な時期があって

無言で食べる二人の間には、食器がぶつかるカチャカチャ音だけが

響いていたそうです。

 

元々、南原さんは狂言や落語などの文学的な笑いが好きですが

内村さんは洋画のコメディが好きで、笑いの嗜好も正反対だったそうです。

 

30歳になった頃から二人の考えの違いは決定的になりましたが

正反対の二人だからこそうまくいくと、お互いのことを認めるようになりました。

 

二人は大学で知り合い、友達関係からスタートしましたが

それが次第に仕事仲間へと変わっていったそうです。

 

コンビの解散について内村さんは

「解散は今のところないですね。ピンが多いコンビって感じになると思います」

と話していました。

 

ウッチャンナンチャンは伝説的なお笑いコンビですからこれからも活躍してほしいです。


<Sponsored Link>



<Sponsored Link>


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ